【雇用助成金アップ】生産性向上で助成金加算がある生産性要件について

雇用助成金サポート – パルス社会保険労務士事務所 03-6403-9414

お役立ちメルマガ配信中!登録はこちら

             

【雇用助成金アップ】生産性向上で助成金加算がある生産性要件について

公開:2019-09-05 更新:2020-01-27

 
厚生労働省が実施する助成金はご存知の方も多いと思います。

しかし助成金の中でも、生産性向上によって助成金の上乗せがあることはご存知ですか?
(生産性要件と言います)

この記事では生産性要件の趣旨や対象助成金について説明します。

社労士・岩壁
社労士・岩壁
ただ助成金を申請するだけではなく、
きちんと生産性要件に該当しているかも確認しましょう。

1.生産性要件とは

1-1.生産性要件の趣旨

企業において労働生産性を高めることが経済発展には欠かせません。

助成金の生産性要件は雇用や就業環境の向上を図り、経済発展に貢献する企業に対して支給されます。

・従業員能力開発
・働きやすさの改革
・業務効率化や成果を高める設備導入
など

これらの要件を具備して生産性を向上させた場合に通常の助成金に上乗せ加算という形で支給が行われます。

1-2.生産性の計算方法

生産性は次の式により計算します。

生産性=付加価値(※)÷雇用保険被保険者数

(※)付加価値とは

営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課
直近会計年度も3年度前の会計年度もプラスの必要あり。

計算によって助成金申請の直近会計年度における生産性が、3年度前と比較して次の通り伸びていることが条件となります。
・6%以上
・1%以上6%未満
(金融機関による事業性評価を得ていることが条件)

生産性の伸びが何%なら上乗せ加算があるのかは、助成金により異なります。
(6%未満だと加算されない助成金もあります)

1-3.生産性計算上の注意点

生産性が向上していても、会社都合退職を発生させていないことが条件です。

助成金は原則として事業所単位の申請となるため、生産性向上も事業所単位で考えます。
企業単位で作成する財務諸表から、その事業所単位に一番近い数字をもって算出しなければなりません。

また、人件費の中には次のような費用は含みません。
従業員の退職金
役員にかかる人件費(役員報酬、役員賞与、退職金など)
出張等の旅費交通費
派遣手数料

2.対象となる助成金

・労働移動支援助成金(早期雇入れ支援コース、中途採用拡大コース)
・地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)
・生涯現役起業支援助成金
・人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース、他)
・65歳超雇用推進助成金
・両立支援等助成金(事業所内保育施設コース除く全コース)
・キャリアアップ助成金(全コース)
・人材開発支援助成金(特定訓練コース、他)
・業務改善助成金

3.まとめ

・直近会計年度と3年度前を比較して6%以上(又は1%以上6%未満)の向上が条件
・生産性の計算式=付加価値÷雇用保険被保険者数
・加算額や伸び率の条件は助成金により異なる

お問い合わせ
人を採用予定の経営者様。
その採用で雇用助成金がもらえるかもしれません。
当事務所では助成金申請代行に限らず、社会保険手続きや給与計算等の労務管理分野もサポート可能です。

もらえる助成金があるか知りたい
就業規則が法改正に沿ってるか心配
労働問題の相談に乗ってくれるパートナーがほしい
手続き業務や給与計算をアウトソースしたい


このような疑問・お悩みをお持ちであれば、ぜひご連絡ください。
 

フォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-6403-9414

社労士・岩壁の写真
特定社会保険労務士
岩壁 昭房

助成金無料相談