法定外の健康診断受診でもらえるキャリアアップ助成金(健康診断制度コース)の受給条件と概要

雇用助成金サポート – パルス社会保険労務士事務所 03-6403-9414

お役立ちメルマガ配信中!登録はこちら

             

法定外の健康診断受診でもらえるキャリアアップ助成金(健康診断制度コース)の受給条件と概要

公開:2019-08-23 更新:2020-01-27

 
キャリアアップ助成金の中で健康診断についての助成金があることはご存知ですか?

健康診断は雇入時健康診断や定期健康診断など、法で定められたものを実施しなければなりません。

このキャリアアップ助成金(健康診断制度コース)は法で実施義務のない従業員に対して健康診断を実施した場合に受給できる助成金です。

社労士・岩壁
社労士・岩壁
職場全体で健康意識を向上させようと思う企業にはピッタリです。

助成金無料相談 

1.キャリアアップ助成金の全体概要

厚生労働省が実施する助成金の中で、非正規社員の待遇改善に対して助成されるのがキャリアアップ助成金です。

キャリアアップ助成金には次の7つのコースがあり、待遇改善の様態によって助成金が異なります。

キャリアアップ助成金のコース

①正社員化コース
②賃金規定等改定コース
③健康診断制度コース
④賃金規定等共通化コース
⑤諸手当制度共通化コース
⑥選択的適用拡大導入時処遇改善コース
⑦短時間労働者労働時間延長コース

この記事では法律上実施義務のない労働者に健康診断を実施した時に受給できる健康診断制度コースについて解説します。

社労士・岩壁
社労士・岩壁
助成金の前に、まずは健康診断制度の一般的なルールについておさらいしましょう。

2.健康診断の実施義務

企業に実施義務が課せられている健康診断は下記の種類があります。

一般健康診断の種類

①雇入時の健康診断(労働安全衛生規則第43条)
②定期健康診断(労働安全衛生規則第44条)
③特定業務従事者の健康診断(労働安全衛生規則第45条)
④海外派遣労働者の健康診断(労働安全衛生規則第45条の2)
⑤給食従業員の検便(労働安全衛生規則第47条)

この中で業界や職種に関係なく実施しなければならないのは次の2つです。
①雇入時の健康診断(労働安全衛生規則第43条)
②定期健康診断(労働安全衛生規則第44条)

基本的に正社員やフルタイム勤務の場合は健康診断は義務です。
そして労働者50人以上の事業所については、健康診断結果報告書を労働基準監督署に提出する必要があります。

アルバイト等の短時間労働者であっても、1年以上雇用予定で正社員の3/4以上勤務する場合には同様に健康診断実施が義務となります。
(健康保険・厚生年金の加入基準と同じ)

一方、1年未満の雇用予定又は正社員の3/4未満の場合は健康診断の実施は努力義務となっており、必ずしも実施する必要はありません。
このような健康診断実施義務のない従業員に対して健康診断を実施した場合に受給できるのがキャリアアップ助成金(健康診断制度コース)です。

補足

一般健康診断以外には、一定の有害業務従事者に実施する特殊健康診断があります。この特殊健康診断は雇用形態や労働時間に関係なく、該当する労働者に実施義務があります。

社労士・岩壁
社労士・岩壁
一般的な健康診断の概要を押さえた上で、
キャリアアップ助成金の対象となる人たちを見ていきましょう。

助成金無料相談

3.健康診断制度コース

3-1.概要

簡単に言うと”健康診断義務のない従業員”に対して、健康診断を受けさせる制度を就業規則に規定して実施することです。

健康診断制度とは以下のものを指します。
雇入時健康診断制度
定期健康診断制度
(有期契約労働者を対象とする)人間ドック

これらの制度を規定し、キャリアアップ計画期間内に対象労働者4人以上が健康診断を受診した場合に助成金が支給されます。

補足

雇入時健康診断制度、定期健康診断制度、人間ドックが助成の対象となります。しかし必ずしも全てを導入する必要はなく、3つの内いずれかの健康診断制度だけでも問題ありません。

3-2.対象者

・雇用契約期間が1年以上予定されていない、または正社員の3/4未満の労働時間
(=健康診断実施義務のない短時間労働者)
・健康診断実施日に雇用保険被保険者である
・事業主や取締役の3親等以内の親族でない
・支給申請日において離職していない

3-3.助成金額

1事業所当たり38万円<48万円>(28万5,000円<36万円>)
<>内は生産性が向上した場合、()内は中小企業以外の場合

注意

1事業所1回しか受給できません。

4.手続きの流れ

健康診断制度コースの申請流れ

4-1.計画申請~就業規則の作成・改定

こちらは正社員化コースと同じ流れになりますので、関連記事をご覧ください。


なお、記載内容は健康診断制度コースに合わせた記載となります。

4-2.取り組み実施

就業規則の規定に沿って、キャリアアップ計画期間内に対象者4人以上に健康診断を受診させる必要があります。

4-3.支給申請

4人目が受診した日を含む月の賃金支払い日の翌日から2ヵ月以内が申請期限です。

・4人目が4月1日受診 ⇒ 4月25日賃金支払い
4月26日から6月25日が申請期限。

申請後、審査が通れば支給決定です。

社労士・岩壁
社労士・岩壁
細かい要件で省いている箇所もありますが、
おおむね上記のとおりです。
この制度は1回きりしか受給できませんので
ご注意ください。

5.まとめ

・法律上義務のない労働者に対して健康診断制度を規定して実施
・計画期間中に対象労働者4人以上の受診が必要
・助成金額は原則38万円、ただし支給は1回のみ

お問い合わせ
人を採用予定の経営者様。
その採用で雇用助成金がもらえるかもしれません。
当事務所では助成金申請代行に限らず、社会保険手続きや給与計算等の労務管理分野もサポート可能です。

もらえる助成金があるか知りたい
就業規則が法改正に沿ってるか心配
労働問題の相談に乗ってくれるパートナーがほしい
手続き業務や給与計算をアウトソースしたい


このような疑問・お悩みをお持ちであれば、ぜひご連絡ください。
 

フォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-6403-9414

社労士・岩壁の写真
特定社会保険労務士
岩壁 昭房

助成金無料相談